相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

相模原の注文住宅業者比較

注文住宅で二世帯住宅を建てる際の注意点

更新日:


近年はライフスタイルが多様化しているとは言え、夢のマイホームを建てることを目標に日々仕事に勤しんでいるという人も、まだまだ多いのではないでしょうか。夫婦で意見を出し合い、子育てがしやすいような家づくりをするという人が一般的ですが、思い切って二世帯住宅を建てることで、自分たちの両親と同居するという選択肢を取るケースもあるでしょう。

自分たちの両親と二世帯住宅で暮らすことは、経済面でも精神面でも多くのメリットがあります。別居していた両親と一緒に生活をすることになれば、当然、食費や光熱費等の相対的な節約にもなりますし、子どもの養育に関しても、自分たちが仕事で不在にする時間帯などに、食事の世話や保育園の送り迎えなど、まだまだ元気な両親からのサポートも期待できることでしょう。また、万が一親の介護が必要になった場合でも、遠くまで通いながらお世話するという負担はありません。

ただし、いくら家族といえどもお互いの生活に干渉し合うような同居であれば、かえってプライバシーに関するストレスを感じることも多いものです。親世帯も子世帯も適度な距離感を保ちながら、共にマイペースで快適に暮らせるように、二世帯住宅の建築にあたって注意してほしいポイントについてご紹介します。

世帯間の交流に関する考え方をまとめておく

まずは、同居後の二世帯間での交流はどのようなものを考えているか、実際に暮らし始める前にお互いにシミュレーションしておくことが大切です。頻繁に交流できるような間取りにするのか、ある程度の距離をとったプライバシー重視の間取りにするのかで、生活の状況はかなり違ってきます。

もしも双方の世帯で考え方に差がある場合は、お互いに納得できるように家族で十分な話し合いをしましょう。特にポイントになるのは、リビングなど共有スペースの配置です。共有スペースに関しては、どちらの世帯からも入りやすい、明るい雰囲気にしたいものですよね。もし、世帯間の分離部分が多い間取りにする場合は、なんとなくお互いの様子がわかるような工夫をすると良いでしょう。お互いの存在が確認できる明り取りの窓を設置したり、親世帯のための緊急用連絡ボタンを取り付けたりするなどの工夫をするのもおすすめです。

事前に生活音対策を考えておこう

二世帯で暮らし始めてみると、思わぬことが気になる場合があります。そのうちの1つには、日々の生活音へのストレスが挙げられます。お互いのプライバシーを尊重する点からも、設計の段階から生活音への配慮は見逃せません。子どもの足音や騒ぎ声などは、想定の範囲内でしょう。しかし特に重要なのは、トイレやキッチン、さらに浴室などの水廻り設備の配置になります。なるべくお互いの寝室からは遠い位置で、できれば上下階で同じ位置に配置するのが良いでしょう。

また、高齢になると、就寝時間が早くなる傾向があるので、夜の遅い時間の足音などが気になることもあります。遅くまで起きている人のいる部屋は親世帯の寝室の上にしないように気を使う必要があるかもしれません。ずっと一緒に生活するのでから、家族の誰かがストレスを溜め続けることのないよう、生活音については様々な配慮をすべきでしょう。

玄関の配置についても、配慮が必要です

二世帯住宅は、一定の要件を満たすことで、税制上の優遇措置を受けることができるというメリットがあります。そもそも、二世帯住宅として認められるためには、玄関やキッチン、トイレが世帯ごとに設置されていることなどが要件として挙げられます。ただ単に1階に親世帯、2階に子世帯が住んでいるというだけでは、法的には二世帯住宅とは認められない可能性もあるので、注意が必要です。そのほかの細かい要件に関しては自治体によっても異なりますので、二世帯住宅を建てる予定の自治体のホームページなどで確認するようにしてください。

そして、二世帯住宅が受けられる税制上の優遇措置の内容としては、不動産取得税や固定資産税の軽減が挙げられます。不動産取得税は、一世帯あたり1,200万円が控除されます。二世帯であれば2,400万円の控除となりますから、かなりの節税となります。固定資産税に関しては家屋と土地、それぞれに軽減措置がありますが、それも世帯ごとの適用となっているため、二世帯のほうがより広い範囲で軽減措置を受けることができます。

また、建築費用を親子双方で負担する場合、親子どちらに対しても住宅ローン減税が適用されます。住宅ローンを利用しない場合でも、50歳以上で年収が650万円以下であれば、住まい給付金が給付されます。

もちろん、たとえ税制上の優遇措置が受けられなくても、玄関やキッチン、トイレなどの設備を共有にするという選択肢もあるでしょう。たとえば玄関に関して言うと、すぐ近い位置に2つ作るよりも、1つの玄関を共有する方が便利ですし、建築費用的にも少ない予算で済むというメリットもあります。

ただし、玄関を共有することによるトラブルも考えておくべきです。例えば玄関の雰囲気や設置するものの趣味があわずに困ることもあるでしょう。また、お風呂やキッチンと同様に、親世帯と子世帯のどちらが掃除するのかなど、基本的な家事労働の分担で揉めるケースも考えられます。こういうことは何が正しいということはないので、お互いに話し合って譲れる部分は譲るという態度が大切になるでしょう。

まとめ

二世帯住宅を建てる際の注意点についてご紹介してきましたが、やはり、一番重要なのは世帯間の情報共有でしょう。お互いに譲れない部分などを事前に良く話し合い、お互いに「二世帯住宅にして良かった」と思えるような家づくりをしたいものです。

それでも、やはり建ててみて初めて気が付く問題点もあるかもしれません。そんな失敗を少しでもなくすためには、ネットなどでの情報集めがとても有効です。実際の施工の成功例や失敗例をよくチェックすることで、今まで気が付かなかった問題点が見えてくる場合もあります。間取りなど、後から変更できない部分に関しては、建築会社や設計者とも相談の上、注意深く決めていきましょう。

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 相模原の注文住宅業者比較 , 2020 All Rights Reserved.