口コミから厳選!相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

評判が良い相模原でおすすめの注文住宅業者ランキング

相模原で注文住宅を建てる際に知っておきたい固定資産税

更新日:

相模原で注文住宅を建てる際に知っておきたい固定資産税

注文住宅にしても建売住宅にしても建てた後には維持費がかかります。
固定資産税もそんな維持費の一つとなりますが、注文住宅を建てる際にも固定資産税は十分に理解しておきたいところ。
色々とアイデアを盛り込んで注文住宅を建てるのも良いですが、あまりにも固定資産税が高くなってしまうようでは考えものです。
逆に工夫次第で固定資産税を下げることも可能となりますが、ここではそんな注文住宅依頼前に知っておきたい固定資産税について解説していきます。

毎年支払わないといけない固定資産税とは?

固定資産税は固定資産の所有者に毎年課される税金です。
土地や家屋などの不動産も固定資産税の対象となります。
不動産取得税は都道府県に支払っていくこととなりますが、固定資産税は土地や家屋が所在する市町村に対して支払うことも違いです。
納税義務者は課税日に固定資産課税台帳に登録されている人であることも特徴です。

〇納期

納期は市町村によっても変わります。
納税通知書も土地の所有者に自動的に送られてきますが、固定資産税を支払わないと最悪の場合には土地や家屋が没収されることもありますから気をつけておきましょう。

土地と住宅は登記簿で管理されていることから、固定資産税を免れるということも基本的に出来ません。

〇算出方法

固定資産税の算出方法についても紹介します。
固定資産税は物件・土地の書類上の価値である課税標準額に税率を掛けて算出されます。
税率は都道府県、市町村によってもことなりますが、標準税率は1.4%となっています。
多くの自治体がこの標準税率を適用していることもポイント。
例えば、課税標準額が300万円の場合には固定資産税は4.2万円となります。

固定資産税が免除されるケース

固定資産税が免除されるケースもあります。
これは課税標準額が土地の場合には30万円未満、家屋の場合には20万円未満の場合です。
これは同一市町村内に所有する土地や家屋の合算の課税標準額であることも理解しておきましょう。
例えば、それぞれの土地の価値が10万円でしかなくとも、10万円の価値がある土地を同一市町村内に3つも所有しているとなると課税されることとなります。

この固定資産税は場合によってはお得に支払えることがあります。
この固定資産税の課税日は毎年1月1日となっており、この課税日に土地・家屋の所有者であるかどうかが問題となってきます。
例えば、4月に住宅を取得してその年の11月に住宅を手放せば固定資産税も発生しなくなります。

このような固定資産税以外にも住宅を建てた後に継続してかかってくるコストは意外と多いものです。
例えば、光熱費は住んでいれば必ず支払っていかないといけません。
よりお得に支払っていくためにも注文住宅を建てようとする光熱費額がどのくらいなのかということも知っておきましょう。
もしも光熱費の負担が気になるならばオール電化にしたりソーラーパネルを導入したりしてみるというのも良いでしょう。

土地によっては管理費がかかる可能性も

土地によっては管理費などがかかることもあります。
こうした費用についても注文住宅を建てる前には十分に理解しておくと良いでしょう。
いずれにしても注文住宅を建てる際には色々と疑問も生じますから、注文住宅の担当者とは十分に話し合っておくことが必要です。
満足できる注文住宅にできるかどうかは事前の準備も大事になってきます。
子供部屋の配置などの細かいところまで含めて話し合っておきたいところです。
他の住宅と比べても注文住宅も決して安くはないですからせっかくの費用をムダにしないためにも満足できる注文住宅を建てられるように準備は欠かさないようにしておきましょう。

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 評判が良い相模原でおすすめの注文住宅業者ランキング , 2018 All Rights Reserved.