注文住宅の打ち合わせは何をする?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2022/05/20

注文住宅は自由に決められる部分が多く、自分や家族の希望を取り入れた家づくりをすることができます。そんな、理想の注文住宅を実現するには、希望や要望を伝え、それが実現可能かプロとしっかり相談する必要があります。つまり注文住宅業者との打ち合わせは非常に重要なものとなります。
この記事では、そんな打ち合わせについて回数や話す内容、事前に決めておきたいことなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

打ち合わせはどのくらいの回数するのがベスト?

注文住宅を建てる際に、必要な打ち合わせの回数は一軒一軒大きく異なってきます。一般的にはは、10回から25回くらいの間で打ち合わせを繰り返すので、思ったより多いなと感じた方もいると思います。
そんな打ち合わせは、工事着工前に5回から10回程度、3か月から半年ほどかけて一番頻繁に行います。さらに建築中に1回から4回程度、完成後に1回から2回と行われることが一般的です。
打ち合わせの回数が異なる理由は、家に対するこだわりの強さに違いがあるからです。部屋の細部にまで装飾をこだわってみたり、外観のデザインもこだわってみたりと、こだわる部分が増えるたびに、話し合うことが多くなるので打ち合わせの回数は少しずつ増えていきます
注文住宅業者としては、完成した住宅がイメージとは異なったという事態をできるだけ避けるため、納得いくまで話し合いを重ねたいと思っているところが多いので、回数が増えることに関しては罪悪感などを抱く必要はないと思います。ですが、実りのない無駄な打ち合わせは、双方にとってデメリットしかないので、気を付けましょう。

打ち合わせでは何を話す?タイミングごとにご紹介

ここでは、実際の打ち合わせでは何を話すのか、「着工前」「建築中」「完成後」の3つに分けて紹介します。

着工前

着工前の打ち合わせは、住宅の間取りや仕様、設備、費用など家のプラン全体を作っていく最も大切で時間のかかるフェーズです。どんな家を作りたいのか、その理想や希望をしっかり実現するため、注文住宅業者とすり合わせる機会として重要な役割を持っています。
一般的には、5回から10回程度、3か月から長い人は1年程度かける人も一般的には、5回から10回程度、3か月から長い人は1年程度かける人もいます。この打ち合わせがうまくいかないと着工が始まらないため、この日までに家を完成させたいなどある人は気を付ける必要があります。

建築中

家のプランを決める重要な打ち合わせは着工前に完了していますが、次のフェーズである建築中の打ち合わせ、ももちろん重要です。進捗を確認して、計画通りにしっかり進んでいるか、変更点はないかどうかを打ち合わせします。
壁紙の色やスイッチの位置など細かい内装を決める業者や、そもそも建築中には打ち合わせを行わないという業者もあります。回数や感覚は業者や家の状況によって異なってきますが、一般的には1回から4回程度と着工前より少ない回数で済むことが多いです。

完成後

無事に完成をした建物の最終確認という意味で打ち合わせを行います。これが全体でみると最後の打ち合わせとなり、問題がなければこのまま引き渡しになります。
依頼をしていた内容とは明らかに異なる仕上がりになってしまっている場合や、工事に問題があった場合はこの段階で修正の依頼をします。一般的には1回から2回程度と少ない回数で済むことが多いです。

打ち合わせ前に決めておくことは?

打ち合わせをスムーズに進めるため、事前に決めておきたいことがいくつかあります。ここでは、打ち合わせをする前に考えておきたいことを紹介します。

予算の上限を決めておく

注文住宅の打ち合わせに挑む前に、予算には、オーバーしてもここまでという上限を明確に決めておきましょう。注文住宅は基本、お金さえかければだいたいの希望を形にすることができます。だからこそ、決めていた予算をオーバーしてしまうことが多いです。
住宅の設備の内容や材料の質によっては価格が大きく増減することも多く、予算をあいまいにしてしまうと、見積もりが想定外の価格になってしまうなんてことも少なくありません。
あらかじめ予算をしっかり決め、それを業者柄にも共有することでその予算内に収まる内容へ調整することが可能です。

こだわりたいポイントの優先順位を決めておく

こだわりたい部分の優先順位を決めておくことも非常に重要です。注文住宅は自由に作れるからこそ、全部にこだわりを詰め込みすぎてしまうと簡単に予算はオーバーしてしまいます。
例えば、キッチンやトイレなどの水回り設備はグレードの幅が広く、良いものを選ぶとかなり高額になってきます。水回りにこだわる!と決めたらほかの部分を削ったり、逆にリビングに力を入れたいなどあれば、水回りは標準設備品で抑えるなどメリハリをしっかりつけましょう。
打ち合わせの際に、優先順位を伝えておけば設計をする業者側も提案がしやすくなり、イメージが食い違う危険性も抑えることが可能です。

希望や要望を決めておく

どんな家にしたいか、希望や要望がなんとなく頭にあるという方は多いと思います。しかし、それを打ち合わせ時に伝えられるかが非常に大切になってきます。
なので、希望や要望はあらかじめ文字に起こし、紙に書いたりスマートフォンのメモに保存しておくのがおすすめです。イメージに近い、実際の家の写真を用意するのも効果的です。

質問とチェックリストの作成

注文住宅について、わからないことや聞いておきたいことはたくさんあると思います。頭の中で、これを聞こうと決めておいても、実際打ち合わせに入るとすっかり忘れてしまうなんてことがよくあるのでしっかり事前に確認しておきましょう。
考えた質問や疑問点は紙に書いておき、チェックリストの形にしておくと忘れずに聞くことができます。

だいたいのスケジュールを立てておく

家づくりは長い時間がかかります。なので、おおよそのスケジュールをあらかじめ考えておくことがとても大切になります。
打ち合わせが長引けば、家の完成は遅くなりますし、立て直しの場合などは完成するまでの仮住まいの費用なんかも増えていきます。最終的なスケジュールは、担当者との打ち合わせで決まりますが、例えば進学や転勤などの理由で家の完成時期をずらせないなどの場合は、希望する引っ越し日をあらかじめ業者にしっかり伝えましょう

打ち合わせで注意したいポイント

打ち合わせは重要なことをいくつも決めるため、しっかり行わないとのちのちのトラブルや後悔の原因となります。失敗しないように、効率的な打ち合わせを行うためのポイントをいくつか紹介しますので是非参考にしてみてください。

トラブル対策のため記録をしっかりとる

打ち合わせの際には、必ずメモ帳やノートを持参して記録をしっかりとるようにしましょう。決めることが多い注文住宅建設の打ち合わせでは、あとあとになって「イメージと違う」や「オーダーと違う」などのトラブルが発生しやすいです。
打ち合わせに立ち会った人全員で共有できるような議事録を作るのがベストですが、自分でしっかり記録しておくだけでも「言った・言わない」のトラブルを回避することができるので、細かいところまでなるべく記録しておくことが大切です。

おかしいと感じた時はすぐに伝える

注文住宅を建てる際に不安なことや疑問点は数多く出てくることになります。のちのちの公開やすれ違いを生まないように、打ち合わせの段階でしっかり解決をしておくことが非常に大切です。
また、着工後になにかおかしいと感じたことがあれば、遠慮はせずにすぐに伝えましょう。修正などのの依頼は、早ければ早いほど工事の範囲を減らすことができるため、完成までの時間短縮につなげることができます。
そして、完成後の打ち合わせは疑問点などを解決する最後のチャンスでもあります。不満や後悔が残らないよう、しっかり確認しましょう。

意見を受け入れる姿勢も大切に

自由に様々なことを決めることができる注文住宅ですが、必ずしもすべての希望や要望が叶うわけではありません。予算や法律、技術的な問題にとって内容を変更しなくてはならないなんてことは多々あるのが現実です。
また、自分では最良だと考えていた形が、プロの目線から見た時より良い形として再提案してくれる場合もあるでしょう。この場合、頑なに自分の意見を貫くのではなく、受け入れるべきところは受け入れるという姿勢も大切にしてみることがよりよい我が家へとつながります。

打ち合わせの日程に気を付ける

注文住宅の打ち合わせは先ほど説明したように、数十回にも及びます。早く家を建てたくてついつい足早な日程を組んでしまいがちですが、余裕をもって考えることが大切です。
例えば、週に1回打ち合わせを入れた場合、10回打ち合わせをしようとすると2か月半もの間毎週休みの日が減ってしまいます。だからといってゆっくりしすぎた日程を組んでしまうと前回話したことを忘れてしまうなんてことにもつながります。
なので、月に何回かは打ち合わせを入れない日を決めるくらいがちょうどよいバランスだといえます。日常生活に支障がでないよう、身体のこともしっかり考えてあげながら打ち合わせの日程を考えましょう。

まとめ

ここまで、打ち合わせの回数や話したい内容、事前に決めておきたいこと、気を付けたいポイントについて解説しましたがいかがだったでしょうか。注文住宅の打ち合わせは、希望や要望をきちんと叶えるための重要な行程です。
実りある打ち合わせを実現するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

新着記事

野谷工務店は神奈川県相模原市にある工務店です。相模原市を中心に、新築の施工やリフォーム、リノベーションや家具のオーダーなどのサービスを提供しています。 天然無垢材を使用した家づくりが特徴です
続きを読む
株式会社鈴木建設は東京都町田市にある建設会社です。町田市を中心に、相模原や八王子市、海老名市などのエリアで注文住宅、ローコスト住宅を施工しています。 「暮らしをつくる」をコンセプトに、基本性
続きを読む
堺沢建築設計事務所は神奈川県相模原市を拠点として、戸建て住宅の設計・施工監理、リノベーションや街づくりを提供している設計事務所です。一級建築士をはじめ、インテリアコーディネーターや福祉住環境
続きを読む
Led-Eye.は神奈川県相模原市中央区にある一級建築士事務所です。何十年先も愛されるような住まいを目指し、デザインはもちろん構造や性能にも配慮したハイレベルな住宅を提供しています。 土地探
続きを読む
株式会社ASO設計は神奈川県相模原市南区にある設計事務所です。「親しみやすさ」「身近に感じられる設計事務所」を目指し、建物の企画や設計、監理やデザインなどのサービスを提供しています。 一級建
続きを読む