相模原市で注文住宅を建てる時の諸費用、その総額や内訳とは

公開日:2017/12/15  最終更新日:2021/11/01
相模原で注文住宅を建てる時の諸費用、その総額や内訳とは

長年賃貸住宅に住んでいるという人も、結婚や出産などのタイミングで住宅の購入を決意するケースが多いのではないでしょうか。分譲マンションや建売住宅などいくつかの選択肢がありますが、間取りや住宅設備を自分たちらしく自由にデザインできるという魅力から、注文住宅が根強い人気を誇っています。

しかしながら、注文住宅を建てるには高額な費用がかかります。建築実例を見て情報収集をするうちに、グレードを上げたり、いろいろとオプションを追加したりしたくなってしまう人が多いと思いますが、それだけ費用もかさんでしまいます。見積もりを取ってから、かかる費用に愕然としてしまうなんてことにならないためにも、注文住宅を建てるときにかかる費用の総額やその内訳について知っておきましょう。

相模原で注文住宅を建てる際のコスト

注文住宅を建てるときにまずやらなければならないのが土地探しです。通勤や通学に便利か、子育てしやすい環境かなど、住むエリアを決めるのにはいくつかのチェックポイントがありますが、ファミリー層に特におすすめしたいのが相模原です。相模原は都心に近いにも関わらず比較的土地が安いことが魅力で、注文住宅を建てるにはぴったりのエリアです。土地の値段が安ければ、それだけ住宅にかける費用には余裕が出てくるわけですが、そのコストについてどのくらいかかるかはご存じでしょうか。

注文住宅を建てる際にはさまざまな費用がかかってきますが、おおまかな内訳としては「設計費・施工費・材料代・雑費」などが挙げられます。これに加えて、土地を購入する場合には、土地の取得代もかかります。さらに不動産取得税などの税金関連の負担も忘れてはいけません。

トータルコストとしては2,000万円から3,000万円が目安となってきますが、注文住宅のコストは仕様によって大きく変わってきます。例えば、「オール電化にしたい」「ソーラーパネルを取り付けたい」「地下室を設けたい」「3階建てにしたい」といったように、グレードアップやオプションの追加など、要望を盛り込めば盛り込むほど一気に必要な費用も増してしまいます。できる限り予算オーバーにならないよう十分に注意して、注文住宅の設計については担当者とよく相談するようにしましょう。

逆に、コストを抑えるためには余り仕様を盛り込まないようにすれば良いのですが、それでは注文住宅の醍醐味も薄くなってしまいます。ですから、何もかも我慢するのではなく、予算については天井を決めておいて、その枠内で盛り込む仕様を取捨選択していきたいところです。

実際にかかるコストは注文住宅業者によって大きく変わってきますから、複数の業者から見積もりを取ることも忘れないでしておきましょう。複数の業者から見積もりを取っておけば、相場や適正価格について把握することができますし、価格交渉をする際にも「他の業者だとこれだけ安い」といった提示をすることができるので、交渉がしやすくなります。

なるべくコストを下げるコツとは?

せっかく注文住宅を建てるのですから、取り入れたい仕様や設備はすべて取り入れられるのが理想ですが、その上で、できる限りコストは抑えたいですよね。実は、いくつかの工夫によって、ある程度のコストを下げることが可能です。基本的なのはやはり仕様を盛り込み過ぎ無いようにすることですが、他にも土地の取得代を下げるなどの方法でトータルコストを抑えることができます。

また、注文住宅の専門家でもある担当者のアドバイスに従ってみるのも良いでしょう。「コストを下げつつ満足できる住宅にしたい」といった施主の要望はよくあるケースですから、プロに相談することで、「住宅を建てた後からでも追加できる仕様は取り除いてコストを下げる」といったようなコツを教えてくれるはずです。

もしも注文住宅だと予算オーバーしてしまう場合には建売住宅などを検討してみることも良いでしょう。建売住宅であればより安く住宅購入できることもありますが、注文住宅ならではの自由さはやはりありません。とはいえ、運が良ければ、建てようと思っている注文住宅に近い間取り・設備の建売住宅を見つけられることもあります。こうしたこともありますから、注文住宅を建てようと思っている場合にも、念のため建売住宅についても一通り見ておくと良いでしょう。

なお、注文住宅を建てる際には転売するときのことも考えておきましょう。人によっては、転勤などで家を手放さなければならなくなることもあるかもしれません。あまりにも個性的すぎるデザインなど、場合によってはあまり転売に向かないようなものもありますから、このような点も相談して決めておきたいところです。

まとめ

注文住宅を建てる場合、トータルコストとして2,000万円から3,000万円ほどかかるのが一般的です。おおまかな内訳としては、設計費・施工費・材料代・雑費、それに土地の取得代や税金関係の負担が追加されます。都心に近く、交通の便が良いわりに、比較的土地の値段が安い相模原であれば、必然的に建物にかけることができる費用も増えるはずです。

グレードアップをしない、オプションを追加しないなどによってコストを抑えることもできますが、標準装備だけでは注文住宅の醍醐味がありませんから、なるべくコストを抑えた上で満足できる家にするにはどうすればよいかを担当者に相談し、アドバイスをもらうと良いでしょう。

どうしても注文住宅では予算オーバーしてしまうという場合は、建売住宅も視野に入れておくと良いかもしれません。注文住宅ほどの自由度はありませんが、運が良ければ、自分たちが希望するような間取りや仕様に近い建売住宅と出会えるかもしれません。

なお、注文住宅を建てる際のポイントのひとつとして、転売できるかどうかという点も考慮しておきましょう。転勤など、やむを得ない事情で家を手放すこともあるかもしれませんが、あまりにも個性的すぎる家をつくってしまうと、買い手がつかない可能性もあります。

注文住宅で失敗しないためには、業者選びが何よりも重要になります。さまざまな観点からアドバイスをもらい、なるべくコストを抑えた上で、理想的な住まいを手に入れられるようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

新着記事

マルビシは、1972年に設立された注文住宅を扱う業者です。得意とする工法は、ツーバイフォー(2×4工法)と呼ばれる木造建築です。マルビシでは住む方を笑顔にする家を作り続け、同時に実績も積み上
続きを読む
ホームスタイリングは、相模原に本社を置いている注文住宅業者です。藤沢市には湘南店を設置、シンプルでモダンな家やリゾート風の家など、さまざまな個性豊かな家を手掛けています。実績豊富な注文住宅業
続きを読む
注文住宅を検討する際にまず考えるのは、「どの注文住宅業者に依頼するのか?」です。広告やチラシ、そしてインターネットでもさまざまな注文住宅業者を見つけることができますが、迷ってしまい、なかなか
続きを読む
注文住宅を検討する際、さまざまなハウスメーカーや工務店を調べるのが一般的です。各ハウスメーカー、工務店には性能や設備、保証制度など、さまざまな特徴があります。特に住宅性能や保証制度については
続きを読む
注文住宅のメリットと言うと、持主自身がいろいろとカスタマイズできることが挙げられるでしょう。その代表格の一つとしてウッドデッキがあります。 注文住宅を建てる方の多くがウッドデッキを作っていま
続きを読む