相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

相模原の注文住宅業者比較

注文住宅で失敗しない間取りの作り方とは?

更新日:

憧れのマイホームを建てる際、一番大切になってくるのがそこに住む人にとって住みやすい間取りであるかどうかです。家は安い買い物ではありませんし、一生に一度の買い物という人がほとんどです。ですから、せっかく家を建てたのに、住んでみたら失敗したと後悔することになってしまっては大変です。

自分たちにとって最善の家とはどのような家なのかじっくり考えることが大切です。ここでは、家づくりで失敗しないために注意してほしいポイントなどについてご紹介します。これから注文住宅を建てる予定の方はぜひ参考にしてみてください。

住みやすい我が家を手に入れるために

自分たちの理想の暮らしを叶えるためには、注文住宅は大変おすすめです。建売住宅では全ての理想を形にすることはなかなか難しい部分があります。その点、住宅設備やデザインなど、全て自分たちで選ぶことができる注文住宅は、一生に一度の買い物にふさわしい価値があります。

そんな注文住宅を建てる場合、一番大切になってくるのが間取りです。どのような部屋の位置にするのか、どこにキッチンやバスルームなどの水回り設備を設置するのかなどを、しっかり考える必要があります。その際、そこに住む人の家族構成やライフスタイル、そして年齢なども考慮した上で検討することが大切です。

しかしほとんどの場合、家づくりについては初心者ですから、どんな家が住みやすいのか分からないという人もいるのではないでしょうか。確かに専門的な知識がない素人にとっては難しい部分ではありますが、まずはしっかり家づくりについて勉強をすることである程度知識を身につけることも必要です。もちろん、ハウスメーカーの設計担当者からもサポートを受けることができるので、まずは自分たちがどのような家に住みたいのかを具体的に考えた上で、専門家に相談すると良いでしょう。

そこに住む人の年齢なども考慮しよう

一般的に、どのような家が住みやすい家と言えるのでしょうか。まずは動線を重視して考えてみましょう。例えば、洗濯をしてそこから干すスペースまでの動線が複雑であったり、移動距離が長いと不便を感じてしまいます。家族の人数にもよりますが、洗濯は毎日するという人も多いでしょう。水分を含んで重くなった洗濯物を干すスペースまで運ぶだけでも重労働です。特に、階段を上り下りする動作や、重いカゴを持ち上げるような動きは極力避けるようにしたほうが無難です。最初は不便を感じなくても、繰り返し毎日洗濯をしていると、徐々にその不便さを実感することになるでしょう。

キッチンからリビングへの動線はどうでしょうか。キッチンでつくったものをテーブルに運ぶまでの距離なども大切です。食事の時間は洗濯以上に回数が多く、毎日の積み重ねがストレスになってしまう可能性もあるので、不便に感じることはないかどうか、しっかり考えましょう。

また、家族構成によっても暮らしやすい間取りは異なります。例えばお子様がいる家庭であれば、いつでも目が届くようにリビングの隣を子ども部屋にしたり、高齢者や体の不自由な人がいる家庭であれば、トイレまでの壁に手すりを設置するなどの工夫をすることも大切です。

そこに住む家族が安心して暮らすためには、デザインのおしゃれさだけでなく、家事動線や家族構成などを総合的に判断した上で家づくりをすることが大切です。実際に住み始めた後に不便を感じるようでは、後悔だけが残ってしまいます。家を建てればそこに何十年も住むことになるので、建てる前の設計の段階で、自分達が住みやすい間取りについてしっかり考えるようにしましょう。

安心して暮らせる家づくりをしよう

部屋数や部屋の配置などは家族構成によっても異なりますが、それぞれの部屋の広さについてもしっかり考えることをおすすめします。例えばみんなが集まるリビングを広めに取り、他の部屋は少し小さめにするなどの工夫があります。あまり子ども部屋を広く取り過ぎてしまうと、自分の部屋の居心地が良すぎてなかなか部屋から出てこないなどの問題が出てくる場合もあります。

また、子どもが今後増える可能性がある家庭では、将来的に部屋の数を増やすことができるような間取りにしたり、将来子どもが巣立った後のことを考えて、夫婦2人だけでも暮らしやすいような設計するのも良いでしょう。

自分たちに合う住まいというのは、現在の年齢によっても異なりますし、子どもの成長とともに変化します。せっかく夢のマイホームを手に入れたのに、実際に住んでみたら使い勝手が悪く、将来的にリフォームしなければいけないということになれば、金銭的にも負担が大きくなってしまいます。

家を建てることは、人生に何度も経験する訳ではありません。一度建てた家には長く住むことになるので、子どもたちが巣立ち、自分たちが老後の生活をするようになっても、安心してそこで暮らすことができるような家づくりをすることをこころがけましょう。

自分たちの希望や条件を実現することはもちろん大切ですが、プロのアドバイスやサポートを受けながら、住んでからこの家で良かったと思えるような家づくりをすることが理想です。毎日の暮らしがより豊かになるように、しっかり考えて建てましょう。

まとめ

注文住宅は、家族の理想の暮らしを叶えるための唯一の方法と言っても過言ではありません。建売住宅ではできない自由な設計ができますから、思う存分こだわりを詰め込んでみましょう。

しかしながら、暮らしやすい間取りを考えることは忘れてはいけません。デザインに凝りすぎて、日常の家事がしにくいなどの障害が起きてしまえば、本末転倒でしょう。快適な間取りは家族構成などによっても異なりますが、洗濯スペースやキッチンの位置など、家事動線を考慮した家づくりは、どんな家庭であっても同じように重要です。

また、現在の暮らしやすさだけではなく、将来的なことまで考えることが必要になります。子どもが増えたり、子どもが巣立ったあとの夫婦2人だけの暮らしまで考えた、柔軟な間取りにするのがおすすめです。ほとんどの人が家づくりの素人でしょうから、ハウスメーカーの担当者などプロの意見も取り入れながら、数十年経っても暮らしやすいような、本当の意味での理想のマイホームを手に入れてください。

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 相模原の注文住宅業者比較 , 2020 All Rights Reserved.