相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

相模原の注文住宅業者比較

注文住宅で収納に困らない設計とは?

更新日:

理想の暮らしを実現したいのであれば、注文住宅を建てることがおすすめです。間取りやデザイン、住宅設備など、自由自在にできるのが注文住宅の魅力ですが、意外と見落としがちなのが収納です。

快適な暮らしをするにあたって収納というのは実はとても重要な部分であり、注文住宅を建てる際はしっかり考慮したい部分です。収納スペースはあとから追加するのはなかなか難しいですから、住み始めてから後悔することのないよう、しっかりと計画しておくことが大切です。ここでは、注文住宅を建てる際に収納に困らないための注意点などについて紹介していきます。これから注文住宅を建てる予定のあるかたはぜひ参考にしてみてください。

暮らしやすい我が家をつくるために大切なこと

家を購入する場合、自分たちの希望や条件が叶えられる家に住みたいと誰もが考えるのではないでしょうか。そんな理想を叶えるなら、注文住宅がおすすめです。建売住宅ではすでに間取りなどが決まっているものを購入する形になりますが、注文住宅であれば設計の段階から全て自分たちで決めることができるので、家族の理想をより具体的に取り入れることができます。

そんな理想の家づくりをするにあたって大切なのが、いかに快適で住みやすい家をつくることができるかということです。注文住宅は間取りや住宅設備などを好きなように決めることができますが、デザインなどに凝り過ぎてしまい、細部にまで気を配ることができなくなってしまう場合があります。中でもつい見落としてしまうのが収納部分です。

せっかく広い家を建てたのに、実際に住んでみたら物をしまうスペースが少なくて困ってしまった、ということになってしまっては大変です。物をしまう場所がなければ、家の中に物が溢れてしまい、結果的に部屋が狭く感じてしまったり、家の中がごちゃごちゃとして見えてしまう場合もあるでしょう。そのような状態では家で過ごす時間もリラックスできませんし、散らかった物につまずいて転倒し、怪我をしてしまうリスクも高まります。安心して暮らすことができる我が家をつくるためにも、各部屋に収納スペースをしっかりとつくることが大切です。

家族構成や動線にも注意した住まいづくり

また、ただ物をしまうスペースをつくるだけでなく、収納としていかに使いやすいように工夫するかが大切です。例えばお風呂場に洗濯スペースがあるのであれば、洗剤などを収納できるスペースをつくるなど、生活をする上で使いやすいような設計にすることが大切です。住んだ後のことを考えて、家事をする際のイメージをしながら、どの位置にどのような収納をつくれば役立つのか、しっかりと確認するようにしましょう。

また、家族構成も考慮した上で、どんなスペースが必要なのか検討することをおすすめします。例えば小さなお子様がいる家庭であれば、おもちゃが溢れてしまう可能性は容易に想像できます。子ども部屋にもおもちゃを簡単にしまえるような収納スペースをつくるなど、家族構成に合わせた家づくりをすることが大切です。

ただし、収納スペースにばかりこだわり過ぎてしまうと、各部屋が手狭になってしまうなど、逆に不便になってしまう場合もあるので、収納スペースを配置する場所を工夫するなどの必要があるでしょう。動線に配慮したり、片づけやすい工夫をしたり、生活の中で収納を上手に利用することができるようなスペースづくりすることをおすすめします。

このような細かいところまで配慮するのは、なかなか素人には難しい部分ですが、ハウスメーカーがサポートしてくれる場合も多くあります。自分たちの意見をきちんと伝えることでそれに合わせた提案をしてもらえるので、まずは自分たちがどのような暮らしをしたいのかを明確にしておきましょう。

先を見据えた家づくりをするようにしよう

どの部屋にどんな物をしまいたいのか、それは各家庭で異なります。趣味がある人であれば趣味の道具をしまうスペースが欲しいですし、それぞれの家庭で必要なスペースが違うのではないでしょうか。そのため、注文住宅を建てる場合は家族みんなで話し合い、どんな家にしたいのか案を出しあうことが大切です。

また、現時点の住みやすさだけではなく、将来的なことを考えた上での家づくりをすることも大切です。例えば子供が成長すれば、その分洋服や勉強道具など物が増えるでしょう。そういった先々のことまでしっかり配慮しておかないと、子ども部屋に物をしまうスペースが少ないなど、不便を感じてしまうことになるでしょう。そのようなことを避けるためにも、先を見据えた家づくりをすることも大切です。

まとめ

注文住宅を建てることは、自分たちの理想の暮らしを叶えるための最良な選択です。しかしながら、本当に暮らしやすい家を建てることは、そう簡単ではありません。間取りやデザイン、住宅設備などを自由自在に選択できるのが注文住宅の魅力ではありますが、意外と見落としてしまうのが収納スペースです。実際に住み始めてから、ここに収納があれば便利だったのに、などと後悔しないよう、あらかじめしっかりと考えておく必要があります。

特に、家事動線などをしっかり配慮した上で、どこにどのようなスペースをつくれば効率的なのか、具体的にイメージすることが大切です。また、家族構成や趣味などについても考慮しましょう。大きい道具やたくさんの道具が必要になる趣味をお持ちの場合は、家族の理解も得ながら、趣味の道具を収納できるだけのスペースを確保しておく必要があります。お子さんがいる家庭であれば、子ども部屋におもちゃを収納できるスペースを設置しておかないと、家の中がおもちゃで溢れ、場合によっては怪我をしてしまうリスクも高まります。

さらに、現時点での暮らしやすさだけではなく、将来的なことも考えておく必要があります。今は幼い子どもも、成長すれば必然的に物が増えるでしょう。洋服や勉強道具を収納できるスペースを用意しておかなければ、数年後や十数年後に後悔することになってしまうかもしれません。

注文住宅を建てる際は、デザインなどの部分でこだわりを詰め込みたい気持ちはあるでしょうが、住んだあとのことを考えて、家族が快適に暮らすことができるよう、ハウスメーカーの担当者とも相談しながら、十分な収納スペースを確保するようにしましょう。

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 相模原の注文住宅業者比較 , 2020 All Rights Reserved.