相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

相模原の注文住宅業者比較

注文住宅を構えるときに知っておきたい、相模原市の建築協定とは?

更新日:

相模原の建築協定について

相模原に注文住宅を構える際には、相模原市の建築協定について少なからず理解しておく必要があります。

建築協定とはその地区の特徴に応じ建設設備などに関する基準を定め、魅力ある環境や街を作り、それを意識していくために定められたものです。そして、地域に住む住民全員の合意によって締結される協定です。

相模原に注文住宅を構えたいと考えた時から建築協定の存在を覚えておき、同時に少し手間とお金がかかる手続きがあると備えておくとよいでしょう。ここでは、その相模原市を含めた建築協定について紹介します。

建築協定について知る

相模原市の建築協定についての流れを紹介する前に、まずは一般的に「建築協定」とはどのようなものなのか少し説明しましょう。

注文住宅など建物を建築する際の法律に、建築基準法というものがあります。この建築基準法は、最低限これは守ってほしいという建物の基準を定めたもので、対象範囲は全国です。

一方建築協定ですが、理想の街づくりのために建築基準法よりも厳しい内容や、建築基準法では定めていない事柄まで、住民の合意の下で取り決めることができる協定です。この建築協定により、個々の地域性を活かした取り決めが可能となります。

建築協定で定めることができる内容は幅広く、主に以下のような取り決めが可能です。
・敷地…土地の分割禁止/最低敷地面積の制限など
・位置…建物からの距離の制限など
・構造…木造限定/耐火構造必須など
・用途…住宅専用のみ/マンション禁止/アパート禁止など
・形態…階数制限/高さ制限など
・意匠…カラーリング制限/広告物の制限など

また、建築協定が定められた地域には運営委員会という機関が存在しています。協定区域と呼ばれる範囲内の住民によって構成されており、協定区域内でおこなわれる建設に対し審査を実施することが可能となっています。

もしも仮にあなたが建てようとした注文住宅に違反があった場合は、この運営委員会により工事停止や是正措置を請求されることになるため十分注意しなくてはなりません。また、仮に抵抗や無視をすると裁判などの措置が取られる可能性があります。

簡単にまとめますと、自由度の高い注文住宅でもその地域ごとに決められたルールをしっかりと守る必要があるということです。もちろん相模原市も例外ではありませんよ。

「建築確認申請書」を提出し確認済証を受け取る

注文住宅を構えるにあたって、まずは「建築確認申請書」を建築審査課または指定確認検査機関に提出する必要があります。

建築確認申請書類の記入方法は市役所のWEB サイトで閲覧ができるほか、PDF形式のファイルを自由にダウンロードできるようになっていますので、必要になりそうな方は確認してみると良いでしょう。

なお確認申請には手数料がかかるのですが、その手数料は床面積によって変わってきます。
金額は床面積の最も小さいところ、つまり30平方メートル以内の手数料で、中間検査指定なしで1万6,000円、指定ありで1万5,000円です。

ただし、これは平成29年4月1日に改正されたものです。変化する可能性がありますので、常に最新情報はご自身でチェックしてください。

「確認済表示板」を工事現場に掲示

この確認済表示板というのは、工事現場を通るとよく見える所に掲示されているので、多くの人は一度くらい見たことがあるのではないでしょうか。

確認済表示板は一般的な住宅建設をおこなう際には必ず必要で、近隣の住民にこれから工事をすることを知らせるためにも「工事着手前」までに用意することが大切です。怠った場合、最悪役所へ通報されるケースも考えられるので注意しましょう。

ちなみに相模原市の場合は、建築士事務所の名称と別(1級建築士事務所・2級建築士事務所・木造建築士事務所)と、記載内容に建築士の別(1級建築士・2級建築士・木造建築士)を明記しなくてはなりません。

設置場所はざっくりとしていますが「見えやすい場所」と規定されています。また、表示板のサイズは横35cm×縦25cm、材質は木かプラスチックと決まっています。最近はプラスチックの物を見かけることが多いかもしれませんね。

工事管理者を決定、工事が適正に行われるような状況を整理

施工業者が決まり、工事が始まり、そして注文住宅が完成するまでには多くの人が建設中の家に出入りすることになるでしょう。そのため、トラブルにならないよう初めのうちにきちんと話し合うなどの対策はしておいた方がよいですね。

もちろん、注文住宅会社のほうでも工事が円滑に進むように工夫をしてくれているはずですし、施工に関しての説明を最初のうちにしてくれるはずです。

もしも、その説明が不十分と感じるなど不安がある場合は、住宅の建築中でもときどき注文住宅会社に連絡し、近況を伝えてもらうようにすると良いでしょう。

また、注文住宅建築中には、頻繁に現場を見に行って様子を見ておくこともおすすめです。実際に多くの施工主は、何度も足を運ぶことで「現場の士気を上げる」「トラブルを未然に防ぐ」といったメリットを感じているようです。

また、住み始めた後の近所付き合いのことまで考えるのであれば、建築中の音が出すぎていないか、建築現場が散らかっていないかなど、迷惑になっていないか様子を見に行くのも良いでしょう。

工事完了後「完了検査申請書」を提出し、検査済証を受け取る

無事工事が完了した後にも、まだやるべきことが残っています。それは、完了検査申請書の提出です。

完了検査の申請は、原則検査日の7日以内に窓口でおこなう必要があります。検査時間は午前9時から11時までとなっていますが、曜日によって検査が実施される区域がわけられていますので、注意が必要です。

そしてこの検査を受け、検査済証を受け取ることによって、ようやく建築協定にかかわる手続きを終えることができます。なお、手続きに関することなどでわからないことがある場合は、市役所の建築審査課の窓口に相談すると良いでしょう。

相談をする際は、内容によって申し込みの仕方が違うため、市役所のWEBサイトで確認するようにしてください。

また、注文住宅会社やハウスメーカーに相談するのも1つの手ですが、親切に色々教えてくれる業者であっても忙しく対応ができない場合もありますし、また複雑に感じてよくわからないことが出てくるかもしれません。

その場合は、市役所のWEBサイトを入念に読み込むことや、建築審査課の窓口を利用することも検討してみましょう。

 

注文住宅業者一覧はこちら

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 相模原の注文住宅業者比較 , 2020 All Rights Reserved.