相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

相模原の注文住宅業者比較

注文住宅にベランダは必要?

更新日:

夢のマイホームを注文住宅で建てることができるというのはとても素敵なことです。

自分たちの理想の家を形にしていくために、決めなければならないことが沢山ありますが、ベランダを付けるかどうかもそんな選択肢の一つと言えます。

見渡してみれば付けている住宅はとても多いですが、自分の家に本当に必要かどうかきちんと考えてみましょう。

 

ベランダをどのように使うか考える

ベランダの主な使い方としては、洗濯物や布団を干す場所としての用途が挙げられるのではないでしょうか。

庭や1階部分に干すのは人目に付くので抵抗があるため、2階のベランダに干したいと考える人も多いようです。

バルコニータイプであれば、手すり部分に布団を干しやすいので、広さによっては1度に複数枚の布団を干すことも可能になるので、休日に一気に干すこともできます。

また、スペース的な問題で庭がほとんどないという家庭では、広めに付けることでそこでバーベキューをやることもできますし、プランターでガーデニングを楽しむこともできます。

近年温暖化の影響で生活に必要不可欠となっているエアコンの室外機もベランダに置くことで、家の外観をすっきりと魅せることもできます。

 

ベランダがない家を建てたら不便なのか

洗濯物や布団を干す場所としてはとても便利な場所と言えますが、もし付けなかったら不便に感じるのでしょうか。

近年では、洗濯物や布団は乾燥機で乾かしてしまう家庭も増えていますし、洗濯部屋やサンルームを作ってそちらに干すということであれば、必要性はさほど感じなくなります。

花粉症の人は洗濯物に花粉がついてしまうと大変だからとその時期は外に干さない人も多いですし、冬場などは外に干してもあまり乾かないので、むしろ室内の乾燥予防にとあえて室内干しにする家庭もあるのではないでしょうか。

そんな背景が見えるように、洗濯洗剤や柔軟剤の宣伝では、快適に室内干しをするためのうたい文句が並んでいます。

このように、外干しにこだわらない家庭にとっては、特別こだわる必要はないのではないでしょうか。

 

ベランダを付けないメリットはあるか

洗濯物や布団を干す場所として便利に使う家庭も多いベランダですが、逆に付けないメリットはあるのでしょうか。

注文住宅を建てる際に気になる建築費用の面では、同じ面積で考えた時にベランダにするか壁を付けて部屋として使うかではベランダの方が半分程度の費用で作ることができます。

ですが、長い目で使い勝手を考えた時に部屋として作った方が良いと考えるのであれば、高い買い物ではないでしょう。

外からの日差しや風が入り込んでしまうベランダは、室内とは全く異なる汚れ方や痛み方をします。

気持ちよく使い続けるためには、定期的な清掃が必要不可欠となるので、作らない方が維持管理は楽になるでしょう。

また、防犯上の観点でみても、2階部分にあるベランダはつい気を抜いてしまう盲点となりやすい場所と言えます。

洗濯物の出し入れで人の出入りは多い反面、2階なら誰も登ってこられないだろうと施錠を怠って、そこから空き巣に侵入されるケースもあるのです。

バルコニータイプであれば、一度侵入してしまえばしゃがみこんでしまえば外から見られずに窓破りの作業ができる環境にもなってしまいます。

維持管理の手間や防犯面を考えると、特に使う用途がないのであれば、多少建築費が上乗せになったとしても、作らないメリットはあるのではないでしょうか。

 

自分たちの好きなように作ることができる注文住宅は、自由だからこその悩みも多いのではないでしょうか。

利便性や費用、維持管理や防犯面など様々な視点で検討して、納得して暮らせる家を作れるように情報を集めましょう。

せっかくの注文住宅なので、なんでもないよりはあった方がよいだろうとか、周りが付けているからつけるのが当たり前といったような考え方はやめた方が良いです。

そうしているうちに、自分たちの家にベランダを付ける必要があるのかどうか、おのずと見えてくるのではないでしょうか。

 

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 相模原の注文住宅業者比較 , 2019 All Rights Reserved.