相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

相模原の注文住宅業者比較

注文住宅の打ち合わせは何をする?

更新日:

注文住宅を建てる際には施工会社と様々な打ち合わせをする必要があります。

工程表をもらって、工事日程の確認をするのは大切です。

打ち合わせ時には、いつ現場を訪れるかの相談もします。

工程表は現場を訪ねる時に、工事が日程通り進行しているかの確認にも使用できます。

工程表の確認によって、工事の過程で必要なことの確認ができます。

どのタイミングで現場に行くべきかも、工程表を見ることで知ることができます。

 

住まいの様々な箇所を確認する

注文住宅を作る際には、周囲の環境をチェックする必要があり、敷地と道路の位置関係及び距離などの確認が大切です。

敷地が道路より低いと、雨水などが流れ込む可能性があります。

隣の家との接し具合も確認事項となります。

カーポートと庭の位置の確認も大切で、カーポートが車を出しやすい位置にあるかの確認も重要ですし、スペースが十分であるかの確認も大切です。

また庭の位置を確認する際には、日当たりの良さを確認します。

施工会社との打ち合わせをする際には、周囲の環境を一緒に確認して、自分が周囲の環境に求めることを共有する必要があります。

最初に情報を共有することが、理想の住まい作りに繋がります。

予定を変更する際にも自分の希望を確実に伝えて、施工者と情報を共有するように努めます。

 

現場責任者の話を上手く聞くことを意識する

打ち合わせの際には現場責任者の説明をしっかり聞くのも大切です。

基礎部分のチェックは素人にはなかなか厄介ですので、設計図通りにできているかの確認のために現場責任者にしっかり説明を受ける必要があります。

打ち合わせを行うことは、施工会社と信頼関係を築く機会にもあります。

基礎は家全体の耐久性に関わる部分ですので、確認は特に慎重に行います。

鉄筋のチェックと共に、コンクリートを流し込む前の型枠の寸法や形状も設計図と照らし合わせて行います。

基礎と土台はアンカーボルトで接合します。

アンカーボルトの位置などの確認も確実に行う必要があります。

こうした確認をする際には、現場責任者と行うのが重要です。

施工会社選びをする際には説明が丁寧かを意識する必要もあります。

 

様々な確認を上手く行っていく

建物の骨組みが組み立てられると、 間取りのイメージができます。

間取りの確認をする際には、地面と床の段差などを確認します。

建物が完成した後は、内装と外装の仕上げの確認も行います。

打ち合わせは工事の様々な過程で行う必要があり、プランが変更になる時にも行います。

注文住宅を建てる際には瑕疵担保責任に関する確認も大切です。

打ち合わせ時には瑕疵担保責任に関する説明を受ける必要があります。

アフターサービスは施工会社ごとに異なります。

設備の作動不良から屋根や外壁の雨漏りに関する様々なアフターサービスなどの確認も、打ち合わせ時に行っておくのが大切です。

アフターサービスの良さで施工会社を選ぶことは多いです。

 

注文住宅を建てる際の打ち合わせは様々なタイミングで行います。

建物を建てている最中には現場に何度も通い、そこで様々な説明を受けます。

予定を変更する際には、自分の希望を打ち合わせで確実に伝える必要もあります。

建物完成後には外壁に傷やヒビや塗りムラがないかなどの確認もします。

万が一不具合が生じた時には、対策を考える必要があります。

工事中の様々なトラブルに対応するためにも、話し合いの時間は大切にします。

住まいの確認をする際には、様々な設備の使い勝手の確認をします。

門扉の開閉をスムーズに行えるかなどの確認も大切です。

注文住宅を理想通りに建てるには、現場に何度も足を運ぶ必要があり、様々な確認をする必要があります。

基礎の部分などは分かりにくいので、現場責任者の説明が重要になります。

こうした説明が丁寧な施工会社は人気があります。

 

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 相模原の注文住宅業者比較 , 2019 All Rights Reserved.