uchida建築アトリエ(株式会社内田材木店)

公開日:2022/01/06  
uchida建築アトリエの画像

建築とは自然の摂理に適い、その場所に寄り添って在るもの。こうした普遍的なあり方を大事にした建築をuchida建築アトリエでは「時間に向き合う建築」と呼び、大切にしています。ヨーロッパの街のアトリエのように、描く人と作る人対等な立場にあり、設計事務所でも作るだけの工務店でもない、家づくりのためのアトリエ。それがuchida建築アトリエです。

uchida建築アトリエって?どんな注文住宅を建てている?

uchida建築アトリエの画像

uchida建築アトリエでは、建築は全体であると考えています。民家や町屋などの昔ながらの佇まいには情緒がありますが、快適、だとは言い難いのが現実です。
しかし、高性能な断熱材、性能の高い窓や設備などは人との親和性を減らすことなく、快適性を獲得することに貢献します。そして、デザインそのものも機能であり設備であると、uchida建築アトリエは考えています。単に日差しや風を取り込むだけでなく、熱や空気を動かすことはデザインできるということです。

そしてuchida建築アトリエでは、「作るために描く」ということも大切にしています。「あの家が建ってからあの場所が良くなったね」そういわれるような住宅を建てたいと考えており、描くこととつくることが一体になっています。
これはuchida建築アトリエの大きな強みです。コンピューターで書くのではなく手書きで。お客様に対するプレゼンのためだけでなく、つくるために描いています。

さらに、描くことと同様に作ることにも手間暇をしっかり掛けています。手間を惜しまず目に見えない下地作りは特に大事に、uchida建築アトリエの大工はこだわりを込めています。
そして、そんな大工が手間暇かけられるのには、現場監督である専務がそのための環境づくりをしっかり行っているからでもあります。経験が非常に豊富な職人である大工の手業と、長年の付き合いである専務の阿吽の呼吸のサポートによるチームがuchida建築アトリエの家を作り上げています。

uchida建築アトリエの設計へのこだわり

uchida建築アトリエの画像
uchida建築アトリエは、10もの設計の作法をとても大切にしています。ここでは簡単にそのこだわりを紹介します。

シンプルであること

シンプルであることは、コストや雨仕舞などの実用的な面や飽きがこない、誰もが「ほっ」とできる安心感などあらゆる面で良い影響があります。

窓辺のデザイン

窓のデザインは視覚的、エネルギー的にも、外部とのつながりをコントロールしています。窓と窓辺の最適化は住む人と街に心地よさをもたらします。

自然の力を味方につける

季節によって変化をする自然をあらかじめ読み解き、利用できるものは招き入れ不要なものは遮ります。

性能を予測する

慣例や勘に頼ることなく科学的な視点で住まいを読み解き、解析。快適な住み心地を実現します。

佇まいとつながり

地域とのつながりを意識し、雨を意識した佇まいや夕暮れに窓からこぼれる明かりも、街に優しさを提供する手法としています。

メンテナンスを考える

メンテナンスを考えることは時間に向き合うことの象徴。メンテナンスがしやすく時間に向き合う家を建てています。

ディテールを大切にする

頭だけでなく手を動かし何枚も図面を描くことで、アイディアは生まれます。そうした細部の検討は上質な空間の実現には不可欠です。

素材を選ぶ

地域の素材を活かし、目に見えるところだけでなく下地にも気を使います。それぞれの素材の良さを組み合わせることで住まいに豊かな表情が生まれます。

素敵な居場所をつくる

素敵な居場所は住宅設計の質、そのものと考えています。愛着ある住まい化は部屋以外に「自分の居場所」があるかどうかなのです。

スケールとプロポーション

華美ではなく品が感じられることも大切にし、時間に向き合う建築は人との親和性を待ち合わせています。

uchida建築アトリエで家を建てるまでの流れ

uchida建築アトリエの画像
より良い住まいを作るには、プロセスが必要不可欠です。uchida建築アトリエが考える適切な家を建てるまでの流れをここでは説明します。

STEP1

1 初回面談
自邸兼モデルハウス「刻のかたち」にてuchida建築アトリエの家づくり全般について聞くことができます。

2 敷地調査・ヒアリング・基本プランニング
敷地の調査などに合わせ十分なヒアリングでプランニングの手がかりをつかみます。

3 基本設計の打合せ、概算見積り
基本プランについて打ち合わせとプランニングを繰り返します。

4 見積額の検討
見積もりや工事費、諸費用などを合わせ見積額の検討をします。

STEP2

1 実施設計図の作成、詳細部分の打合せ、地盤調査
実施設計についての打ち合わせが始まります。

2 確認申請、工事契約、住宅ローン申し込み
実施設計完成後、確認申請や見積書の作成、ローンの申し込みを行います。

STEP3

1 工事スケジュールの確認、地縄張り、地鎮祭
スケジュールの確認、建物位置の確認、地鎮祭を行います。

2 地盤補強、基礎工事
瑕疵担保責任保険等、必要な手続きが整い次第、工事着工です。必要に応じて地盤補強を行い、基礎工事をします。

3 上棟、木工事、構造検査
基礎工事完了後、上棟して木工事が進んでいきます。構造検査もしっかり行います。

4 木工事の完了、内外部仕上げ工事、設備機器取付工事、外構工事
木工事と並行で、外部仕上げ工事も進んでいきます。木工事が完了すると、他の工事も進んでいきます。

5 建物の完成、検査、お引渡し、入居
完成後、検査機関の検査や社内検査、立会検査の後にお引渡しとなります。

【まとめ】uchida建築アトリエは細部にまでこだわりぬかれた家に住みたい方におすすめ!

ここまでuchida建築アトリエについて紹介しました。uchida建築アトリエは、設計事務所と工務店が融合したかのような、「建築アトリエ」という他にはあまりないスタイルの会社です。
強いこだわりを持って、設計・施工されているため細部まで丁寧に作られた家に住みたいという方にはとくにおすすめです。また、「刻のかたち」というモデルハウスもあるため実際にそのこだわりを確かめることができるのも魅力のひとつです。
気になる方はぜひ一度、公式サイトからお問い合わせしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

新着記事

創和建設は「素材感」や「抜け感」を意識した「笑顔で暮らせる家」を提供している注文住宅メーカーです。無垢材や漆喰、稚内珪藻土などの自然素材を使用している点や、建築家と一緒につくる本格的な家づく
続きを読む
ほっかほか住宅は、低価格で高品質な住宅を販売している「ローコスト住宅専門店」です。 全居室照明器具搭載・24時間換気システム・エコキュートを標準搭載した住宅を、手が届きやすい価格帯で販売して
続きを読む
木匠は神奈川県相模原市緑区にある注文住宅メーカーです。無垢材を使用した自然素材の注文住宅を提供しているほか、水周りや内装のリフォームや外装工事なども実施しています。 施工完了後のアフターケア
続きを読む
優樹工房(ユウキ建設)は無垢材や木炭塗料、羊毛断熱材などの自然素材を使用した「木の家」を提供している千葉県の注文住宅メーカーです。日本の伝統的な建築工法「木造軸組み工法」や制振装置「evol
続きを読む
建築とは自然の摂理に適い、その場所に寄り添って在るもの。こうした普遍的なあり方を大事にした建築をuchida建築アトリエでは「時間に向き合う建築」と呼び、大切にしています。ヨーロッパの街のア
続きを読む