梅澤木材の口コミや評判

公開日:2021/10/21  最終更新日:2021/11/24
梅澤木材の画像

注文住宅を購入する際、どこのハウスメーカーに依頼すれば良いのか迷ってしまう方も多いと思います。実際、ハウスメーカーによって性能はもちろん、設備や保証制度など、それぞれに特徴があります。そこで、今回は神奈川県を中心に地域密着型で家づくりを行っている梅澤木材の特徴について紹介していきます。

梅澤木材の注文住宅の特徴・強みって?

梅澤木材では桧を使用することにこだわりを持って家づくりを行っています。桧という素材は一般的な木材よりも高いですが、多くのメリットがあります。一方、安価な木材は住宅の建築費用を抑えることはできますが、老朽化が早かったりメンテナンスに費用がかかったり結果的に高額になるケースも少なくありません。実際に独立行政法人森林総合研究所が木材の耐久性・防蟻性などを調べた実験があります。桧・杉・米栂・ホワイトウッド4種類の木材を屋外に4年半放置し、人為的にシロアリをつけるという実験を行いました。結果として、日本の住宅の6割以上の住宅の柱に使用されているというホワイトウッドが最も簡単に腐ってしまうという結果になりました。一方、桧は伐採して柱にしてから300年にわたり徐々に強度を増すという特徴があります。実験でも耐久性が高いということが証明されました。さらに、桧にはヒノキチオールという成分があり防虫・防蟻効果があるといわれています。また、世界最古の木造建築の法隆寺は桧を使用しており1300年経過した現在も現存しています。つまり、桧という素材は歴史的に耐久性が高いことが立証されていることを指します。梅澤木材では、住む人が長く安心して暮らすことのできる住宅を実現するために、桧を使用した家づくりを大切にしています。

梅澤木材の商品ラインナップ

梅澤木材ではさまざまな要望に対応できるよう豊富な商品ラインナップを用意しています。

OSORAリビング

梅澤木材の画像

梅澤木材では、住宅の屋根の部分に工夫を施したOSORAリビングがあります。一般的な住宅で多く用いられている三角屋根を平らにすることでもう一つ部屋を生み出すことができます。BBQスペースとして活用したりガーデニングスペースとして活用したり、利用方法はさまざまです。屋外でありながらプライベートな空間は家族の毎日に充実感をもたらします。

家具付住宅

梅澤木材の画像

本橋マテリアルさんとのコラボ企画で家具付住宅も展開しています。設計の段階で間取りに家具を組み込むことができるため、快適な暮らしをトータルコーディネートできます。たとえば、置きたかったダイニングテーブルのサイズが合わない、ソファーを置くことで動線が妨げられるといった問題が発生しないよう工夫された住宅です。快適でセンスの良い住まいを希望の方におすすめのプランです。

ペットと暮らす家

梅澤木材の画像

大切な家族であるペットが快適に暮らすことのできる住宅プランです。ペットと暮らす上で掃除や臭い、騒音などさまざまな問題がありますが、住宅を工夫することで暮らしを快適にすることができます。たとえば、掃除では毛が抜けたり、ヨダレは床や壁に付いたり、時々粗相も発生します。汚れることは避けることができませんが、汚れた際の処理を簡単にすることができます。ペットと暮らす際は掃除を頑張らなくても清潔な状態をキープできる掃除のしやすい家をおすすめします。また、ペットにとってフローリングは滑りやすい素材です。滑ることで足腰への負担が大きくなることや、床が傷つくなどの問題があります。そこで、特殊加工が施されたフローリングを採用することで、滑りを防止し傷つきにくくなります。さらに、鳴き声や走り回る音への対策として音配慮ドアへの変更や防音カーペットを敷くなども提案可能です。そして、ペットの悩みとして多い匂い対策では、家全体に消臭機能を付けて根本的に解決することを提案しています。梅澤木材では、ペットと家族が快適に暮らせるよう最適な提案を行っています。

愛車と暮らす家

梅澤木材の画像

建物にガレージを組み込み雨や風などから愛車を守ってくれる住宅です。さらに、リビングからの愛車を眺められる工夫も施されているため車好きの方にぴったりな設計となっています。 住宅にガレージを組み込むには、車のエンジン音、排気ガス等への対策など専門知識が必要です。梅澤木材では、車に応じて専門家が適切なプランを提案します。さらに、車だけでなく、バイクや自転車などについても、提案することも可能なのが特徴です。

建築家と家を建てる

梅澤木材の画像

どのような住宅がいいのかわからない、自分に適した住宅がわからないという場合は、まず梅澤木材の建築家がサポートします。梅澤木材の建築アドバイザーには建築家であり職業能力開発大学校名誉教授である糸井孝雄氏が就寝しています。豊富な経験と知識があり、一人一人にぴったりのプランを提案することが可能です。

災害に備える家

梅澤木材の画像

災害大国の日本では安全な暮らしを守るために災害に備えておくことが大切です。実際に今後30年以内に東海から四国の太平洋側の広い範囲で震度7クラスの巨大地震がかなりの高い確率で発生すると予測されています。震度7クラスの首都直下地震も今後30年で70%以上の確率で発生すると言われています。そして、一度大きな災害が発生するとライフライン寸断によってさまざまな影響があります。 そのため、災害から自らの命を守るためには日頃からの防災・減災への取り組みが必要です。 梅澤木材では、停電・断水・地震というさまざまな観点から災害に強い家づくりを行っています。まず、停電の対策としてスマートエルラインライトを提案しています。スマートエルラインライトとは、停電しても、自動車・発電機・太陽光発電から電気を宅内に供給することが出来るシステムです。停電時、自宅で安心して災害対策を行うことができます。また、断水の対策として、マルチアクアを提案しています。非常用貯水機能付き給水管であるマルチアクアは、非常時に必要な飲用水、衛生水、生活水の供給を確保する商品です。人間は飲料水だけでも一人一日3リットルが必要と言われています。4人家族の場合、一日12リットルの飲料水が必要という計算になります。マルチアクアは、水道水をタンクに備蓄し、災害時にその備蓄タンクから飲料水を使用する仕組みです。さらに、三層構造+内部循環構造により、水は空気に触れず常に入れ替わっています。そして、フィルターを介して加圧することで、きれいな空気で水を押し出しているため衛生的です。最後に地震対策としてWUTEC-SFという制振壁を提案しています。特徴としてさまざまな種類の揺れに対応できる点や余震のダメージを軽減するなど多くのメリットがあります。そして、100年以上の耐久性を持ち、メンテナンスフリーであることが魅力です。梅澤木材では万が一の災害に強い家づくりを行っています

まとめ

梅澤木材では桧を使用することにこだわりを持って家づくりを行っています。桧という素材は一般的な木材よりも高額ですが、耐久性やメンテナンスの観点から桧を採用しています。また、梅澤木材は商品ラインナップが豊富であることも魅力です。屋根に工夫を施したOSORAリビングや家具付き住宅、ペットと暮らす家などさまざまなバリエーションの商品ラインナップを展開しています。気になる方は、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

梅澤木材のアクセス

梅澤木材本社
住所:〒252-0137 神奈川県相模原市緑区二本松2-24-4
アクセス:相原駅徒歩34分

 

 

梅澤木材の会社情報

社名 梅澤木材株式会社
設立 1972年9月30日
資本金 1000万円
代表取締役社長 梅澤 義成
所在地 252-0137 神奈川県相模原市緑区二本松2-24-4
TEL 042-774-6255
FAX 042-772-1423
Mail umezawa.kk@bj.wakwak.com
業務内容 一般建築/設計・施工一式/木造在来工法一式/リフォーム/不動産売買
営業エリア 相模原市内、横浜市、厚木市、愛川町、町田市、八王子市など

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

新着記事

マルビシは、1972年に設立された注文住宅を扱う業者です。得意とする工法は、ツーバイフォー(2×4工法)と呼ばれる木造建築です。マルビシでは住む方を笑顔にする家を作り続け、同時に実績も積み上
続きを読む
ホームスタイリングは、相模原に本社を置いている注文住宅業者です。藤沢市には湘南店を設置、シンプルでモダンな家やリゾート風の家など、さまざまな個性豊かな家を手掛けています。実績豊富な注文住宅業
続きを読む
注文住宅を検討する際にまず考えるのは、「どの注文住宅業者に依頼するのか?」です。広告やチラシ、そしてインターネットでもさまざまな注文住宅業者を見つけることができますが、迷ってしまい、なかなか
続きを読む
注文住宅を検討する際、さまざまなハウスメーカーや工務店を調べるのが一般的です。各ハウスメーカー、工務店には性能や設備、保証制度など、さまざまな特徴があります。特に住宅性能や保証制度については
続きを読む
注文住宅のメリットと言うと、持主自身がいろいろとカスタマイズできることが挙げられるでしょう。その代表格の一つとしてウッドデッキがあります。 注文住宅を建てる方の多くがウッドデッキを作っていま
続きを読む