相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

相模原の注文住宅業者比較

注文住宅づくりで営業マンとトラブルに合わないようにしよう

更新日:

注文住宅はそこに住む家族の希望がたくさん詰まった住宅です。そんな理想の家を建てるためには担当の営業マンとの相性も重要になってきます。中には担当者とトラブルになってしまうという人もいますが、それを回避するためにはどうすれば良いのか、詳しくご紹介します。これから家を建てるという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

相性の良い担当者を見つけることが大切

注文住宅を建てる場合、間取りであったり外壁であったり、色々と自分たちで決めることができますよね。建売住宅とは違って、自分たちの希望をたくさん取り入れることができるため、より快適な家を建てることができるでしょう。しかし、多くの人にとって、家を建てることに関しては素人です。分からないこともたくさんあるでしょう。

そこで頼りになるのが担当の営業マンです。ハウスメーカーなどに依頼する場合、必ず1家族に1人は担当者が付きます。その担当者がパートナーとなって、設計の相談などを行っていきますが、中には頼るべき担当者とトラブルになってしまう場合もあります。それではせっかくの打ち合わせでも、気まずいムードが流れてしまいますよね。

では、担当者と気まずくなってしまうのを避けるためにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。まず、良い担当者であるかを見抜くことが大切です。人によって合う合わないはありますが、家を建てるまでの数ヵ月間、何度も打ち合わせで顔を合わせるわけですから、最初の時点で相性が良いかどうかを見極めることが大切です。この人になら安心して家づくりを任せられるという人を見つけるようにしましょう。

売上重視ではなく的確なアドバイスをくれる人を選ぼう

ハウスメーカーに限らず、「営業マン」という職業に対してネガティブなイメージをお持ちの方もいるでしょう。それはおそらく、こちらが望んでいないのに、商品やサービスを強引に勧めてくるというイメージがあるからではないでしょうか。

営業マンが時に強引なやり方でお客さんに商品やサービスを勧めてしまうのは、ノルマが課されているからです。基本給だけでは家族を養うには十分ではないため、必死でインセンティブを稼いでいる営業マンが少なくありません。

ハウスメーカーにも、残念ながらこのような営業マンが存在しています。営業マンも生活のためとは言え、お客さんからすれば家は一生の買い物です。高額なオプションばかり勧めてくるなど、そこに暮らす人のことを考えないような営業マンでは、安心して家づくりを任せることはできませんよね。営業マンは言葉巧みに契約を迫ってくるかもしれませんが、あまりにも誠実さが感じられないような場合は、きっぱりと断ることも大切です。

またライフスタイルや家族構成によっても住みやすい家というものが異なるため、担当者に相談しながら家づくりを進めていくことになります。何かを相談した際に、担当の営業マンが明確に答えてくれるかどうかをチェックすることも大切です。

理想の家を建てるためには、家づくりのプロによる的確なアドバイスが必要不可欠ですから、豊富な専門知識を持っていて頼りになる相手であるかどうかは重要です。やはり相手も人間ですから、合う合わないはあるかもしれません。しかしどんなお客さんに対しても的確にアドバイスを行い、一緒に家づくりをしていくのがプロの仕事です。それができないようでは、プロの営業マンとは言えませんよね。

情報を共有し完成形の家をイメージすることが大切

家づくりにおいては、ハウスメーカーなどの担当者といかに情報を共有し、同じイメージを持って取り組めるかが大切です。完成形のイメージがハウスメーカー側とお客さんの側で違ってしまえば、理想とは全く違った家が出来上がってしまう恐れもあるでしょう。

建売住宅の場合は、完成形の家を実際に見て購入を決めることができますが、注文住宅を建てる場合は完成した家のイメージだけをもとに、自分たちで間取りや内装を決めていきます。そのため、完成形のイメージをいかに共有することができるかが大変重要になります。ですから担当の営業マンと相性が合わず、なんとなく気まずい関係になってしまった場合、どうしてもイメージにズレが生じてしまいます。完成したあとで後悔しないよう、イメージの共有はしっかりと行っておくようにしましょう。

また、家づくりをするにあたって、打ち合わせも楽しい時間である必要があります。確かに、家づくりをする過程では決めることが沢山あるため、楽しいはずの打ち合わせも疲れてしまう時もあるでしょう。そんな時こそ親身になってくれる担当者であれば、しっかり寄り添い的確なアドバイスをしてくれるものです。お互いに良い関係を築きながら、問題を一つ一つクリアしていくことで、理想の家を手に入れることができるでしょう。

まとめ

注文住宅は間取りや内装などを自分たちで決めることができるため、建売住宅などに比べてより快適な家をつくることができます。しかしほとんどの場合、実際に家をつくるお客さんは家づくりの素人です。ですから、プロであるハウスメーカーの営業マンがパートナーとなって、一緒に家づくりを進めてくれます。

しかし、場合によってはその営業マンとの相性が合わないこともあります。完成までの期間何度も顔を合わせる機会がありますから、相性の合う相手がどうかをきちんと見極めるようにしましょう。ノルマのため、強引に高額なオプションなどを勧めてくる営業マンもいるかもしれませんが、きっぱりと断る勇気を持つことも大切です。

相性の良い営業マンを見つけることができたとしても、家づくりを丸投げするわけではありません。きちんとイメージの共有ができるかどうかが重要になります。イメージにズレが生じてしまうと、家が完成したあとに悲惨なことになり兼ねません。

家づくりに欠かせない打ち合わせでは決めなければいけないこともたくさんあるため、疲れてしまうこともあるでしょう。親身に寄り添ってくれ、的確なアドバイスをくれる担当者であれば、打ち合わせも楽しむことができます。ハウスメーカーを選ぶ際にはぜひ相性が良い営業マンを見つけて、理想の家を手に入れましょう。

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 相模原の注文住宅業者比較 , 2020 All Rights Reserved.