口コミから厳選!相模原で注文住宅業者を選ぶならここ!

評判が良い相模原でおすすめの注文住宅業者ランキング

注文住宅を構えるときに行う、地鎮祭前にしておきたい3つのこと

更新日:

地鎮祭前に確認しておきたいこと地鎮祭というものを見たことがない方が増えてきました。
現在では何回も見たことがあるという方のほうが珍しいでしょう。
地鎮祭は住宅を建てる前にしか行わないから仕方がありません。
自分の家の周囲で住宅が建てられるか、自分の親戚や親しい友人などが住宅を建てるなどの機会がなければ、全く見る機会がなくても不思議はありません。
また、最近では特に都市部では地鎮祭を行わない方も増えてきています。
これは絶対に行わなければならないというものではありません。
しかし、略式な地鎮祭であっても経済的、時間的余裕があるのであれば、行ったほうが後になって後悔をしなくてすむかもしれません。
変な話しですが、何かよくないことがあった時に「あの時地鎮祭を行っておけば……」と考えてしまうこともあるかもしれません。
特に、自分達の夢を詰め込んだ注文住宅を構える前には、やはり地鎮祭を行っておきたいところです。
では相模原で地鎮祭を行う前にしておきたい3つのことをご紹介します。

神主さんへの「初穂料」や「お車代」を準備しておく

初穂料は「玉串料」ともいわれ、神主さんにお渡しします。
相場は2万円から3万円といわれます。
神社に地鎮祭を申し込む時に初穂料の相場を聞きましょう。
元々、相模原に住んでいる方でしたら、近所の方に聞いてみてもよいでしょう。
または、注文住宅を建てる場合はハウスメーカーのほうで、かなり詳しくたくさんのことを教えてくれる場合も多いです。
地鎮祭のことも充分に詳しいはずです。
ですから、ハウスメーカーに聞いてみるのもよいでしょう。
なお、現在では、注文住宅を建てる場合、地鎮祭まで料金に組み込んであるハウスメーカーもあります。
その場合は遠慮なくなんでも聞いてみましょう。
また、聞かなくても、どんどん教えてくれるかもしれません。
ハウスメーカーと色々話すことで、更に良い関係を築いておきましょう。
お車代は5千円から1万円といわれています。
神社が近ければ、5千円で充分でしょう。
また、施主が神主さんを送迎できるのであれば、お車代をお渡しする必要はありません。

お供えなどを準備する

地域によって違いますが、仕出し料理店などで地鎮祭用のセットが用意されている場合が多いです。
このようなセットを利用すると、祭壇も準備してくれ、当日セッティングしてくれます。
仕出し料理店などをハウスメーカーのほうで紹介してくれることも多いです。
仕出し料理屋など利用すると、自分達で用意をするものは、水、酒、塩、米くらいのことが多いです。
つまり、普通家にある物しか準備する必要がなかったりします。
鯛も仕出し料理店のほうで準備してくれるので、自分達でお頭付きの鯛を購入する必要がありません。
忙しい方はこのようなサービスを利用するほうが圧倒的に楽です。
また、神社のほうでお供えを用意してもらえる場合もあるようです。
その場合は、「御供物料」を用意しておく必要があります。
この御供物料がいくらなのかは神社に忘れずに聞きましょう。
他に用意する物があれば教えてくれるとは思いますが、しっかりと確認するつもりでいましょう。
自分で用意する場合は、地域によって多少違いがあるようです。
また、家庭による違いもありますので、ご両親など年配者がそばにいる場合、その方々の意見を取り入れたほうが無難です。
神社に聞くのもよいですが、注文住宅を構えるのですから、ハウスメーカーにもどんどん聞きましょう。

ご近所へのあいさつ回り用の品

「向こう三軒両隣」という言葉があるのですが、両隣と、向かい側の3軒へのあいさつ回り用のお品を用意しましょう。
注文住宅を構えて生活し始めたら、長く付き合っていくことになる方々です。
地鎮祭の時から、だんだんと自分達の住宅を建設のために騒々しくなるでしょうから、このあいさつ回りは遅れないようにしましょう。
将来的に仲良くつき合うようになれば、遠くの親戚よりもずっと頼りにできる方になるかもしれません。
なお、この品はタオルが一般的です。
500円から1,000円くらいまでの物で充分です。
他にも、わからないことが出てくるかもしれませんが、ハウスメーカーに遠慮せずにどんどん聞いてみるとよいでしょう。
 

-相模原注文住宅コラム

Copyright© 評判が良い相模原でおすすめの注文住宅業者ランキング , 2017 All Rights Reserved.